卓球王国6月号 4月21日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 10月29日からスウェーデン・ストックホルムで行われている伝統のITTFワールドツアー・スウェーデンオープン。女子シングルスで伊藤美誠が恐るべき快進撃を見せ、今日4日に行われる決勝へ駒を進めた。

 決勝トーナメント1回戦から出場し、初戦で右ペンドライブ型の張薔(中国)に4ー1で完勝。2回戦で馮天薇(シンガポール)をゲームオール11ー9という激戦の末に下し、準々決勝に勝ち上がった伊藤は、世界ランキング6位の劉詩ウェン(中国)と激突した。
 マッチポイントを奪われながら逆転勝ちした5月の世界選手権・団体決勝以来の対戦となったが、ゲームカウント1ー3の5ゲーム目に9ー10でマッチポイントを奪われながら、徹底的に劉詩ウェンのミドルへボールを集めて、またも逆転勝利を収めた。

 そして圧巻は準決勝の丁寧戦。丁寧の球足が長く伸びのあるフォアドライブに押され、ゲームカウント0ー2の第3ゲームも0ー5、さらに6ー10と圧倒された。しかし、ここからバック表ソフトの緩急とナックルショート、クロス・ストレートへ思い切り良く叩くフォアスマッシュのコンビネーションが冴え渡り、怒涛の4ゲーム連取で勝利した。

 伊藤の決勝の相手は朱雨玲(中国)。丁寧戦後、ITTFのインタビューに対し、「試合の出足は思うようなプレーができず、とにかく1本ずつしっかりプレーするだけでした。準々決勝と準決勝は本当に出足が良くなかったので、決勝では良いスタートが切れるようにしたい」と語った伊藤は、まだまだ満足していない。

 18年1月の世界ランキングのシステム変更により、世界ランキングの高い中国選手を何人破ろうとも、ランキングポイントはすべて大会の成績によって加算されるようになった。しかもITTFワールドツアーのレギュラーイベントであるスウェーデンオープンは、来週行われるオーストリアオープン(プラチナイベント)の半分のランキングポイントしかつかない。

 しかし、おそらく2020年東京五輪も経験重視の選手選考をするであろう中国にとって、劉詩ウェンと丁寧が敗れたことへの衝撃は相当大きい。中国チームに長年帯同するCCTV(中国中央電視台)の李武軍氏は、「東京五輪に向け、伊藤美誠が中国女子の最も研究すべき相手であることに疑いの余地はない」と警鐘を鳴らした。

 女子シングルス決勝、伊藤美誠対朱雨玲の一戦は日本時間の19時20分に試合開始。鉄壁のバックハンドを誇る朱雨玲が、中国女子の最後の砦だ。
  • 緩急が抜群に冴えている伊藤。頂点まであとひとつ!

  • 劉詩ウェンにまたも逆転勝利(写真はともにITTF提供)

 昨日より宮城県・カメイアリーナ仙台で全日本選手権カデットの部が開催中。2日目の今日は男女ダブルスの決勝までが行われ、男子は鈴木颯/中村煌和(愛工大名電中)、女子は張本美和/赤川瑞姫(木下グループ/仙台ジュニアクラブ)が優勝を飾った。

【男子ダブルス】
優勝:鈴木颯/中村煌和(愛工大名電中)
準優勝:徳田幹太/飯村悠太(野田学園中)
3位:玉井嵩大/岩井田雄斗(野田学園中)、田尻要/加山雅基(愛工大名電中)

【女子ダブルス】
優勝:張本美和/赤川瑞姫(木下グループ/仙台ジュニアクラブ)
準優勝:上澤依央/上澤茉央(明徳義塾中)
3位:横井咲桜/竹山紗矢(ミキハウスJSC)、山﨑唯愛/直江杏(明誠U15)

 男子ダブルスはクロスゲームの決勝を制した鈴木/中村がV。競り合う展開の中でも、丁寧な台上と随所に思い切りの良いコース取りを見せてタイトル奪取となった。愛工大名電中としてはカデット男子ダブルスで3年連続のタイトル獲得。

 女子ダブルスは小学4年の張本と、中学2年のカットマン・赤川の変速ペアが地元でタイトル獲得。赤川が切れたカットで相手に持ち上げさせ、張本が前陣を死守してブロックで振り回すパターンがハマって快進撃。大会前に練習を重ねてきたという張本の回り込み強打も随所で炸裂し、相手のペースを狂わせて決勝はストレートで快勝した。

 今日は13歳以下、14歳以下シングルスともに4回戦までが行われ、ベスト16が出揃う。
  • 男子ダブルス優勝:鈴木颯/中村煌和

  • 女子ダブルス優勝:張本美和/赤川瑞姫

 現在ホームマッチが開催されている『後期日本リーグ酒田大会』(11月7〜11日/山形県・酒田市国体記念体育館)。現在、日本リーガーたちによる大会告知動画が日本リーグのFacebookとTwitterで公開中だ。

◆Facebook→https://www.facebook.com/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8D%93%E7%90%83%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0%E5%AE%9F%E6%A5%AD%E5%9B%A3%E9%80%A3%E7%9B%9F-1360203624099917/

◆Twitter→https://twitter.com/JTTL_now


 男女1部チームによるホームマッチも残り3試合となり、本日11月2日(金)は、東京・リコー大森会館にて、リコーvs.クローバー歯科 が開催(18:00〜)。
 週明けの5日(月)には大阪・はびきのコロセアムにて「クローバー歯科vs.シチズン時計」(18:00〜)、翌6日(火)には三重・エクセディ本社体育館で「エクセディvs.十六銀行」(17:30〜)が行われる。お近くの方はぜひ観戦へ。

 なお、上記ホームマッチ、11月7日からの酒田大会は、全試合インターネットライブ配信の予定なので、そちらもチェック。
■Labo Live 日本卓球リーグ実業団連盟チャンネル(無料)
http://jttl.labolive.com/


 日本リーガーたちのハイレベルなプレーを見に、ホームマッチ&後期日本リーグ酒田大会へ足を運ぼう!(酒田大会の最終日には、家電や卓球メーカー福袋、サイン色紙などの豪華賞品が当たるじゃんけん大会も開催予定)


●日本卓球リーグ実業団連盟
URL:http://www.jttl.gr.jp/

●大会ページ
http://www.jttl.gr.jp/taikairesult/2018/08/30.php
 10月23〜31日に鳥取のコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパークでITTFワールドカデットチャレンジが開催。日本からは男女各4名の選手が参加し、男女団体、男女ダブルス、混合ダブルスで優勝。金メダル5個を獲得した。

 男女シングルスでは篠塚大登(愛工大名電中)と菅澤柚花里(ミキハウスJSC)が決勝に進出するも、中国の壁を破れず。それぞれ準優勝に終わった。

 大会の上位記録は以下のとおり。


■ ITTFワールドカデットチャレンジ上位記録

● 男子シングルス
優勝:曾蓓勛(中国)
2位:篠塚大登
3位:濵田一輝
4位:松島輝空

● 女子シングルス
優勝:蒯曼(中国)
2位:菅澤柚花里
3位:アブラミアン(ロシア)
4位:大久保ひかり

● 男子ダブルス:
優勝:松島輝空/谷垣佑真
2位:濵田一輝/篠塚大登
3位:キュービック/サビィ(ポーランド/フランス)、ホッロ/ラッセンフォス(ドイツ/ベルギー)

● 女子ダブルス:
優勝:中森帆南/大久保ひかり
2位:アブラミアン/ムスカントル(ロシア/スウェーデン)
3位:リリスキーテ/ザハリア(リトアニア/ルーマニア)、ビョン/蒯曼(韓国/中国)

● 混合ダブルス
優勝:チリタ/菅澤柚花里(ルーマニア/日本)
2位:シュ・ネイサン/ザハリア(ニュージーランド/ルーマニア)
3位:松島輝空/G. タカハシ(日本/ブラジル)、キュービック/ビョン・セヨン(ポーランド/韓国)

● 男子団体
優勝:日本
2位:アジア

● 女子団体
優勝:日本
2位:アジア

ITTF大会サイト
https://www.ittf.com/tournament/2924/2018/2018-ittf-world-cadet-challenge/
 現全日本チャンピオンの中学3年生・張本智和選手(JOCエリートアカデミー)と、全日本カブの部優勝の小学4年生・美和選手(木下グループ)の張本兄妹が、学習塾『学研教室』の2019年イメージキャラクターに就任した。

 『学研教室』は、株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研エデュケーショナル(東京・品川/代表取締役社長:土屋徹)が運営する学習塾で、張本兄妹ともに同教室の教材で学びながら、卓球で世界を目指している。

 智和選手は2018年よりイメージキャラクターを務めているが、2019年は兄妹でのイメージキャラクターとして、2人で同教室のテレビコマーシャルなどに出演する(2019年1月より全国放映予定)

 テレビCMに先がけて、本日11月1日から、学研教室のホームページで2人のメッセージムービーが公開されている。

 卓球はもちろん、勉強もトップクラス。卓球と勉強を高いレベルで両立させているふたりの活躍に、今後も注目だ。

●学研教室 ホームページ(メッセージムービー公開中)
PC https://www.889100.com/
スマートフォン https://www.889100.com/smart/
  • 学研教室の2019年イメージキャラクターに兄妹で就任した張本智和・美和両選手

 『RAKUWAネック』などで知られる、ボディケアカンパニーのphiten(ファイテン株式会社)は、今年7月に行われた全農杯全日本選手権ホープスの部で見事5連覇を達成した小学5年生の松島輝空選手(木下グループ)と10月1日にサポート契約を締結。
 同社は今後、独自の技術やボディケアに関するノウハウを通じて、松島選手の国内外の遠征など、連戦におけるカラダのケアをサポートしていくことになる。

詳しくは↓
https://www.phiten.com/about-phiten/athlete/sora-matsushima/
  • 写真提供:ファイテン株式会社(phiten webより)

 10月23〜27日にベルギー・デハーンでITTFチャレンジ・ベルギーオープンが開催。日本からは男女各6選手が参加し、女子シングルスで芝田沙季(ミキハウス)が決勝で橋本帆乃香(ミキハウス)との同士討ちを4-0のストレートで制し優勝を決めた。芝田は大藤沙月(ミキハウスJSC)とのダブルスでもデヌッテ/倪夏蓮(ルクセンブルク)を破り優勝し、大会2冠を獲得した。

 男子シングルスでは宇田幸矢(JOCエリートアカデミー/大原学園)が準々決勝で趙勝敏(韓国)をゲームオールで破り決勝まで進むも、決勝では朴康賢(韓国)にゲームオールジュースで惜しくも敗れ準優勝に終わった。また、男子アンダー21では戸上隼輔(野田学園高)が優勝しタイトルを獲得した。

 大会優勝者と日本選手の上位記録は以下のとおり。

■ ITTFチャレンジ・ベルギーオープン
● 男子シングルス優勝:朴康賢(韓国)
● 女子シングルス優勝:芝田沙季 2位:橋本帆乃香 3位:長﨑美柚
●男子ダブルス優勝:安宰賢/趙勝敏(韓国) 2位:曽根翔/田中佑汰
● 女子ダブルス優勝:大藤沙月/芝田沙季
● 男子アンダー21優勝:戸上隼輔 3位:曽根翔
● 女子アンダー21優勝:キム・ヨウジン(韓国) 3位:長﨑美柚

10月26〜28日に兵庫・ベイコム総合体育館で開催された全日本学生総合卓球選手権(個人の部)。最終日には男女シングルスベスト8決定戦から決勝までが行われ、及川と安藤が優勝。専修大勢のアベック優勝となった。


●男子シングルス
優勝:及川瑞基(専修大)
準優勝:田添(専修大)
3位:硴塚(早稲田大)、三部(専修大)
ベスト8:吉村(愛工大)、一ノ瀬(中央大)、酒井(明治大)、龍崎(明治大)

●女子シングルス
優勝:安藤みなみ(専修大)
準優勝:森田(中央大)
3位:徳永(早稲田大)、中畑(愛工大)
ベスト8:小室(日本大)、瀬山(中央大)、阿部(早稲田大)、秋田(中央大)
 『Tリーグ』が開幕し、各地で熱戦が繰り広げられていることは、「応援サイトGo for T.LEAGUE」でお伝えしているとおりだが、実業団のリーグ戦『日本リーグ』も現在、日本各地でホームマッチが行われている。明日、29日(月)から11月6日(火)までホームマッチが続くので、近くの人はぜひ観戦に行こう! 間近でトップ選手のプレーを観る絶好のチャンス。地元の卓球ファンのアナタはお見逃しなく。
 ちなみに本戦の後期日本リーグは11月7日〜11日まで山形県酒田市の酒田市国体記念体育館で行われる。

●これからのホームマッチの予定
10/29(月) 16:00 広島日野自動車 vs. デンソー
場所:「広島市中区スポーツセンター」
広島市中区千田町3-8-12

10/29(月) 17:30 日立化成 vs. エクセディ
場所:「池の川さくらアリーナ」
日立市東成沢町2-15-1

10/29(月) 17:30 サンリツ vs. 中国電力
場所:「港区スポーツセンター」
港区芝浦1-16-1

10/31(水) 18:15 シチズン時計 vs. 琉球アスティーダ
場所:「シチズン時計 卓球場」
西東京市田無町6-1-12

11/2(金) 18:00 リコー vs. クローバー歯科
場所:「リコー大森会館」
大田区北馬込1-26-19

11/5(月) 18:00 クローバー歯科 vs. シチズン時計
場所:「はびきのコロセアム」
羽曳野市南恵我之荘4-237-4

11/6(火) 17:30 エクセディ vs. 十六銀行
場所:「エクセディ本社体育館」
寝屋川市木田元宮1-1-1
全日本マスターズの最終日、30〜50代の部が行われ、優勝者が決定した。
男子30歳以上の部では昨年の決勝の再現となり、リベンジを狙う大塚がリードするも高木和が逆転勝ち。試合が進むにつれて、ラリーがクリアに見えてきたのか、バック対バックのミスがなくなり、フォアの連打に結びつけた。

50歳以上の部では、60歳の花木が優勝。本来ならばローシックスティ(60歳の部)に出るはずだったが、「50歳の部でベスト4や8ばかりで、優勝していなかった。最後の挑戦と思って、あえて50歳の部に出ました。最後のあがきで優勝できました」(花木)と喜びのコメント。

女子の30歳の部では今福(旧姓:秦)が初優勝。青森山田高から東京富士大に進んだ彼女だが、「学生時代は試合に全然出られなかった。社会人になってやり方を考えてから少しずつ勝てるようになりました。マスターズで優勝するために毎日練習してきた」とコメント。最高の笑顔を見せた。

他、結果は以下のとおり

●男子サーティ(30歳以上)
優勝:高木和健一(千代田クラブ・東京)
準優勝:大塚裕貴(流山アストロズ・千葉)
3位:藤森勇貴(ALLSTAR&ふじもりTTC)、桑原勇希(岡谷市役所・長野)

●男子フォーティ(40歳以上)
優勝:柳延恒(TEAM SATO・兵庫)
準優勝:菴木伸吾(Ace卓球スタジオ・東京)
3位:大貫譲司(卓心会・栃木)、荒木和敬(荒木卓球クラブ・福岡)

●男子フィフティ(50歳以上)
優勝:花木友明(琉球卓球クラブ・沖縄)
準優勝:今西雅昭(都クラブ・京都)
3位:野々村雄介(鳥工ドリームス・鳥取)、河合秀二(卓楓会・東京)

●女子サーティ(30歳以上)
優勝:今福麻奈美(MD相模・神奈川)
準優勝:坂本直子((株)スギムラ精工・長野)
3位:大野恵子(Ahsh.TTC・愛知)、駒場香織(フリーダム・北海道)

●女子フォーティ(40歳以上)
優勝:信田真美(札幌unity・北海道)
準優勝:安倍香織(長吉卓球センター・大阪)
3位:松村優美(甲斐路クラブ・山梨)、島村美恵(MD相模・神奈川)

●女子フィフティ(50歳以上)
優勝:新田由紀子(札幌unity・北海道)
準優勝:大津絵美子(丸亀SC・香川)
3位:岡千与美(ユース・リゲイン・岡山)、石井佳子(チャイム・神奈川)

詳しい報道は卓球王国1月号(11月21日発売)に掲載予定です。
  • 高木和、最後は必殺のシュートドライブ

  • 柳は高い技術力で圧勝

  • 50歳の部に忘れ物を取りに来た花木

  • これ以上ない笑顔を見せた今福

  • カット対策をしてきた信田は2度目の優勝

  • ラリー能力の高さで新田が50代を制す。札幌unityは40代と合わせて2冠