卓球王国6月号 4月21日発売!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 12月15日、(公財)日本卓球協会が平成30年度 第3回理事会を開催した。
 主な報告事項は以下のとおり。

【福原愛さんに特別功労者表彰】
 10月に現役にひと区切りすることを発表した福原愛さん(ANA)を、特別功労者として表彰することが決まった。

 星野一朗・日本卓球協会専務理事は、「幼少時からメディアに取り上げられ続けたことによる卓球界への貢献度の高さ/女子選手としてオリンピックに4大会連続で出場、12年ロンドン・16年リオデジャネイロではメダル獲得などの実績/国内はもとより国際的な面でも卓球を通して貢献してきたこと」を高く評価したと述べた。

 福原さんへの表彰は、来年1月の全日本選手権期間中、1月19日(土)に予定されている。


【来年度大会の統一球について】
 来年度(2019年度)の大会での統一球が報告された。
 適用大会および統一球のメーカーは以下のとおり。
・19年7月 全日本選手(ホープス・カブ・バンビの部):ニッタク(日本卓球)
・19年11月 全日本選手権(カデットの部):バタフライ(タマス)
・20年1月 全日本選手権(一般・ジュニアの部):VICTAS(VICTAS)

 なお、来年1月(2019年1月)に開催される全日本選手権(一般・ジュニアの部)の統一球は、ニッタクのボールとなっている。


【2022世界卓球(団体)開催地への日本からの立候補について】
 2022年世界選手権(団体戦)の開催地に、日本は福岡県(北九州市)で立候補することが報告された。
 ただし、同大会開催地への立候補は「これまでになく多いと聞いている」(星野一朗・日本卓球協会専務理事)ということで、事前選考などで落とされなければ、2019年4月(世界選手権期間中)に開催される国際卓球連盟(ITTF)年次総会(AGM)に立候補地として上げられることになる。

 2022年世界選手権(団体戦)は、各大陸などでの予選を通過した男女各32チームのみでの開催となり、今までの大会よりも参加チーム数が大幅に少なくなる。規模がスリムになることで、立候補する協会が多くなっていると予想される。



 なお、宮﨑義仁・日本卓球協会強化本部長からは、2019年4月開催の世界選手権ブダペスト大会(個人戦)へのシングルス代表内定者の発表について、1月の全日本選手権(一般・ジュニアの部)から約1週間後に強化本部会議を開き、シングルス代表5名のうち4名を決めることが報告された。
 シングルス代表のあと1名(男女各)については、ジャパントップ12の初日(3月2日)に開催される国内最終選考会(8名によるトーナメント)の優勝者となる。
 トップ12大会は例年とは試合方式など変わり、優勝賞金も300万円にアップ、場所も東京ではなく宮城・仙台で開催される。

●LIONカップ 第23回ジャパントップ12卓球大会
(兼 2019年世界卓球選手権日本代表選考会)
開催日:2019年3月2日(土)〜3日(日)
会場:宮城県・カメイアリーナ仙台(仙台市体育館)
3月2日:世界選手権最終選考会 男女各8選手によるトーナメント
3月3日:世界選手権シングルス代表内定選手(2日の優勝者含め5名)によるトーナメント
優勝賞金 300万円(賞金総額1,470万円)

●混合ダブルス決勝
黃鎮廷/杜凱琹(香港) 6、8、4 張禹珍/チャ・ヒョシム(韓国/北朝鮮)

韓国メディアがずらりと並び、「コーリア」の声援が響く中、混合ダブルス決勝が始まった。
その声援が向けられているのは、もちろん韓国と北朝鮮のペアだ。統一旗を背負い、「優勝しかない」という気合いも入っている。
だが、それを香港ペアの気迫がさらに上回り、観客をため息の沼へと引きずり込んだ。

黃鎮廷のチキータの質、精度が高く、打たれると女子選手はまず対応できない。そして中陣に下げられても、まるで龍が襲うかのようなフォアハンドで盛り返す。杜凱琹のブロック、カウンターも冴え、一方的なスコアで香港ペアが勝利した。

それでも会場からは惜しみない拍手が送られた。来年以降も組む予定は?という問いには「わかんないよ」と笑う張禹珍。
今後も南北チームとして、団体、ダブルスなど出場するだろう。
  • 裏面は大きな武器になる。決勝でも大暴れした

  • 守勢に追い込まれ、活路を見いだせず

  • 最後は感謝の握手

●女子シングルス準々決勝
何卓佳(中国) 4、9、-11、12、-9、-7、9 石川佳純

●男子シングルス準々決勝
水谷隼 −7、9、−8、3、6、9 梁靖崑(中国)

息を呑む粘り合いの末、何卓佳に屈した石川佳純。
バックの粒高に慣れるまで時間がかかってしまったのが敗因か。しかし、3ゲーム目からの粘りは素晴らしく、最終ゲームも8−4とリードしていたのだが、そこから逆転負け。「本当に悔しい」と肩を落とした。

「最後まで我慢して、なんとか我慢して、でも最後に我慢できなかった。8−4になり、相手に2本取られてしまい、早く点数がほしいとおもってしまった。それまでラリーでとっていたのに、打ち急いでしまった。
先月0−4で負けていて、今回は行けるんじゃないか、勝てると思って試合をしていました。全体的に頑張ったと思うけど、最後だけが・・・。本当に悔しい」(石川)

そして男子準々決勝には水谷隼が登場。
水谷は「内容が良くなかった」と語ったが、とてもそうは見えない。梁靖崑の強打を跳ね返し、充実のプレーで勝利。

「相手のミスもあったし、ラッキーもあった。序盤はこちらから強く攻めてしまい、ミスが多かった。とりあえず1本入れて次を狙おうと考えて、ゆっくりのボールを使ったら、そっちのほうが効いた。それを最後までやりました。でもいつもよりツキが多い。本当にそれだけですよ」(水谷)

今大会で新ラバーを試しているという水谷。
「まだ確定ではないけど、自分の理想のボールが出る。用具はかなり合ってます」(水谷)。
新しい武器を手に、中国選手を2タテ。次は林高遠だ。
  • 対応力を見せた石川は紙一重で勝利を逃してしまう

  • バックの粒高でのハーフボレーで石川を苦しめた何卓佳

  • 体のキレが良い水谷、このまま決勝へ進みたい

  • 梁靖崑の豪打は強烈だが、水谷の戦術変更にやられた

●女子シングルス準々決勝
朱雨玲(中国) 1、6、9、6 劉詩雯(中国)

●男子シングルス準々決勝
カルデラノ(ブラジル) 6、10、−4、5、−9、9 樊振東(中国)

カルデラノが樊振東を破る。このビッグサプライズに観客も大興奮だ。
序盤に台上のミスにナーバスになっている樊振東をカルデラノが打ち合いに誘う。中陣でのラリー戦ならカルデラノのバックハンドは樊振東を上回る。1本、2本と強打が決まっていくと、カルデラノはさらに乗っていく。逆に樊振東は弱気な表情だ。サービスを変えたり、レシーブを散らしたりするも、カルデラノの勢いを止めることはできなかった。

それにしても恐ろしきカルデラノの破壊力。
どこからでも打てるバックハンドと、鋭いフォアハンドを持ち、投げ上げサービスからの両ハンド速攻も超強力。
今夜、日本の張本智和と戦うことになる。
  • 世界ナンバーワンのバックハンド

  • 樊振東は大きなラリーで優位に立てず

  • 素晴らしい、ショーのような試合に拍手喝采

  • ジャン-ロネコーチと歓喜の抱擁

今大会の公認台である双魚の台。
多くの選手が「止まる」「飛ばない」とコメントし、その性質に困惑している。
ストップミス、サービスミス、そして何と言っても空振りが多い。飛んでこないので、より台の中に入らないといけない。
実際に触ってみると、相当に表面がコーティングされていて、ツルツルしている。ボールが台を蹴る力が半減するイメージだ。
ストップを多用する選手にとって死活問題だろう。
「甘くなっても止まるから助かる」(丹羽)という選手もいるが、ほとんどの選手はミスが多くなっている。
許昕もしきりに台を気にしていて、ナーバスになり敗退した。
グランドファイナルで勝つためには、実力はもちろんだが、この台の性能を熟知して、味方につけることだろう。
  • 「トレセンにも1台入れたい」倉嶋監督

  • ミスが多かった許昕。後輩の林高遠に攻め込まれた

●男子シングルス準々決勝
張本智和 10、8、7、−9、9 張禹珍(韓国)
林高遠(中国) 3、−9、11、−11、2、9 許昕(中国) 

張本が地元の張禹珍を倒し、ベスト4進出。
バックの打球点で上回る張本が張禹珍を左右に振り回し、相手のフォア強打を封じる。
張禹珍は展開を変えようと緩いバックドライブを送って張本に威力を利用させないようにしたが、その戦術すらも張本はわかっていた。
「もうわかっていたからしっかり対応できたよ」と試合後の倉嶋監督。

「1ゲーム目の9−10から逆転できたし、勝負強くいけました。前にジャパンオープンで勝っていましたが、その時は相手の調子も悪かったので、今日は厳しい試合になると思っていました。
今日はバックが良かったです。久々にバックが良い調子で、相手にリードされても慌てずに威力を利用しながら相手より1本多く返すことができた。威力は50〜60%に抑えて、安定させました。
次は樊振東(明日の準々決勝でカルデラノと対戦予定)がくると思う。アジアカップで勝ってから当たっていないし、7ゲームでは勝ったことがない。目標は優勝なので、通過点として勝ちにいき、決勝へいきたい」(張本)

あれで50%なのか、と疑うコメントだが、この試合での張本のバックハンドは本当にミスが少なく、落ち着いていた。
バック対バックでは絶対の自信を持っている張本。
大舞台での本気の樊振東との勝負になれば、見逃せない一戦になるだろう。
  • 張本のバックハンドがさらに多彩になっている

  • フォアの一発は破壊力抜群だが、なかなか打たせてもらえなかった張禹珍

  • 昨年超えの4強だ!

  • 難敵を破り、この笑顔! 明日も頼むぞ!

会場の南洞区体育館は発展した歓楽街からやや離れた郊外に位置する。開かれた広い高原にぽつんと建てられた印象だ。
韓国の人でも不便という話で、お店は歩いて15分ほど行けば定食屋があるそうだが、−6度の中を歩いて行く勇気はない。

会場には紅双喜、ニッタク、XIOMなどのブースも出され、日本ではあまり買えない用具やグッズをゲットできる。大きな大会ならではのお楽しみだ。

編集部・ゆうの今日の昼ごはんは売店で売っているカップラーメンだ。
異様に辛いが、暖を取るという意味ではありがたい。
今日のラストの試合は21時半。ホテルに戻るのが23時になりそうなコースだが、明日はやや遅いスタートなので、残りの試合を頑張ろう。
  • 中は相当広い。平日のため、観客はまだまだ少ないのが寂しい

  • お菓子か、辛いものしか置いてない売店

  • ユッケジャン麺、思った以上に美味しかったです

  • 巨大なポットでお湯を注ぐ

  • 韓国でも人気のニッタク

  • XIOMは最新ラケットの先行販売

●女子シングルス1回戦
何卓佳(中国) 5、5、8、4 徐孝元(韓国)
劉詩雯(中国) −8、6、6、6、9 孫穎莎(中国)

●男子シングルス1回戦
カルデラノ(ブラジル) 5、−4、8、−8、−9、4、7 大島祐哉
樊振東(中国) 6、8、5、10 丹羽孝希
梁靖崑(中国) 6、4、7、11 ボル(ドイツ)
水谷隼 9、5、4 キケン 劉丁碩(中国)

女子シングルス1回戦は何卓佳が変化で徐孝元のカットを攻略、劉詩雯が同タイプの孫穎莎をスピードで振り切った。

続いて始まった男子シングルスの1回戦。
激戦となったのはカルデラノと大島の一戦だ。体を目一杯使った強打の打ち合いは会場を大いに沸かせた。
大島はチャンスがあっただけに悔しい試合になっただろう。
「相手はチキータが上手い選手だけど、6・7ゲーム目はストップに変えてきた。それに対応できなくて・・・。最近バックハンドの強化をしていて、成果は見えたけど、フォアももっと鍛えないといけない。威力だけじゃなくて、コースやタイミングの変化をつけていかないといけない」(大島)
とはいえ、最近のTリーグでの好調ぶりは着実に強くなっている証拠だろう。

丹羽は今年4回目の対戦となる樊振東に敗退。丹羽の会心のカウンターを打ち返されるなど、樊振東の調子も良かった。また、「ボールが飛ばなくて、中陣からのカウンターが全部ネットミスになった」(丹羽)と台との距離感がつかめなかった。

ひとり勝ち上がった水谷は、オーストリアオープンで競り負けた劉丁碩にリベンジ達成。3ゲーム目途中で相手が足を故障し、途中棄権。
「前回0−3スタートだったので、何が何でも1ゲーム目を取ろうと、彼の映像を入念に見て、良いイメージでは入れた。足を負傷していたことがわかってからは、ロングサービスを多めに使って、動かしました」

水谷の次の相手は梁靖崑。ボルをストレートで破った相手にどう戦うか、楽しみだ。
  • 負けはしたが大島は確かな成長を見せる

  • 丹羽は樊振東の充実プレーに完敗

  • 今日の水谷は動きも戦術も完璧だ

  • 劉丁碩は手当したが、動きは戻らなかった

●混合ダブルス準決勝
黃鎮廷/杜凱琹(香港) 9、−14、−10、1、2 森薗政崇/伊藤美誠 
張禹珍/チャ・ヒョシム(韓国/北朝鮮) −10、4、8、−5、8 林鐘勲/梁夏銀(韓国)

無念、森薗/伊藤は3位。
黃鎮廷の裏面チキータに対応できず、2・3ゲーム目を取るものの、その後は完璧にシャットアウトされた。
「ぼくのイージーミスが多くて、焦ってしまった。原因がなんだかわからないくらい、ロングボールへのミスが多く、最後まで不安がつきまとう試合でした。黃鎮廷のチキータとサービスの質が高くて、難しかった。去年のグランドファイナルで勝ってから一度も勝ってない」(森薗)
「3ゲーム目を取って、次のゲームへの入りが悪かった。内容はだんだん良くなってきているけど、相手がうまくて、逆を突かれてしまった。今回、黃鎮廷と初めて対戦しました。何をしてくるのかわからない選手で、絶対がない。それも良い経験になりました」(伊藤)

もうひとつの準決勝は韓国×北朝鮮のペアが勝利。チャ・ヒョシムが的確にコースを突き、張禹珍の一撃を引き出すナイスペアリング。
決勝進出を決めて、会場は大盛り上がりになっている。
  • 森薗/伊藤、1ゲーム目を取っていれば変わっていたかもしれない

  • どこに打たれるかわからない黃鎮廷のチキータ

  • 張禹珍の伸びのある強打は頼りになる

  • 会場の声援に4人で応えた

 卓球を無回転で楽しもうと、「無回転卓球」の普及を目指すNonspin(世界無回転卓球協会)。11月に静岡県下田市で第1回大会を開催したしたが、12月23日(日)には第2回目となる大会「無回転卓球 グランドファイナル」を東京・渋谷にある複合型卓球カルチャースペース『T4 TOKYO』で開催する。
 ラケットに「フエルト」素材を張り、プレーする無回転卓球。興味のある人はぜひご参加ください。

★無回転卓球 グランドファイナル
会場:「T4 TOKYO」VIPルーム
日時:12月23日(日) 12:00~〜17:00
種目:男女混合シングルス
定員:8名(先着順)
参加費:2000円
問い合わせ先:Eメール. nonspin@outlook.com

参加申し込みは以下のリンクより
https://www.t-plus.life/event/detail/772

Nonspin(世界無回転卓球協会) HP↓
https://www.nonspin.com/

※Nonspin(世界無回転卓球協会)ついては、卓球王国2018年8月号(p.162-163)を参照