卓球王国3月号 1/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 11月2日より宮城県・カメイアリーナ仙台で開催されていた全日本選手権カデットの部が閉幕。最終日の今日は男女シングルスの決勝が行われて4種目で優勝者が決定した。

【13歳以下男子シングルス】
優勝:松島輝空(木下グループ)
準優勝:芝拓人(野田学園中)
3位:木方圭介(野田学園中)、萩原啓至(愛工大名電中)

●松島輝空 2,-6,4,9 芝拓人

 男子13歳以下は小学5年のホープス王者・松島が優勝。京都出身のサウスポー対決となった決勝はお互いに両ハンドの打ち合いとなるも、バックでコースをついて芝を揺さぶった松島が3-1で優勝を決めた。小学5年での男子13歳以下優勝は平成26年度大会の張本智和に続く快挙。


【14歳以下男子シングルス】
優勝:前出陸杜(松生TTC)
準優勝:吉山僚一(TC中原)
3位:鈴木颯、田尻要(ともに愛工大名電中)

●決勝
前出陸杜 -5,-3,10,10,10 吉山僚一

 昨年の13歳以下決勝と同じ顔合わせとなった今年の14歳以下決勝は前出がリベンジ。決勝序盤は完全な吉山ペースで進み、1、2ゲームともに圧倒。しかし、前出も粘り、3、4ゲーム目にマッチポイントを握られながらも奪い返し、勝負は最終ゲームへ。終盤まで競り合ったが最後は前出が振り切って初の全国タイトル獲得となった。ペンホルダーのカデットシングルス優勝は平成8年度大会の川口努以来22年ぶり。


【13歳以下女子シングルス】
優勝:小塩遥菜(JOCエリートアカデミー)
準優勝:張本美和(木下グループ)
3位:大久保ひかり(札幌大谷中)、篠原夢空(松山卓球教室)

●決勝
小塩 遥菜  5,6,3 張本美和

 今夏の準優勝で、本命と目されていた小塩が相手を寄せ付けない、圧巻の試合運びでカデット初優勝。まったくミスのないカットに、ブチ切れの横回転ツッツキなど、まさに完勝という試合運びを見せた。注目が集まった張本との決勝も、カーブロングなども交えながらミスを誘いストレートで勝利と実力をまざまざと見せつけた。地元Vを狙った張本は小塩のカットに屈し、昨日の女子ダブルスに続く2冠はならず。しかし、準決勝では昨年3位・大久保のカットを完璧に撃ち抜くなど、フルスイングのフォアドライブで大きな存在感を放った。


【14歳以下女子シングルス】
優勝:白山亜美(明徳義塾中)
準優勝:赤江夏星(貝塚二中)
3位:横井咲桜(ミキハウスJSC)、東川陽菜(貝塚二中)

●決勝
白山亜美 6,7,-9,6 赤江夏星

 昨年13歳以下優勝、今夏全中優勝の大藤沙月(ミキハウスJSC)が出場しない中、女子14歳以下は、両ハンドの力強さが増した白山が自身初の個人戦タイトル獲得。赤江との決勝も1ゲームこそ奪われたが、終始主導権を握って打ち勝って優勝を決めた。女子14歳以下は決勝を戦った白山、赤江はじめ、両ハンドのパワーヒッターの活躍が光った。
  • 男子13歳以下優勝:松島輝空

  • 女子13歳以下優勝:小塩遥菜

  • スケールアップした両ハンドで小5V達成

  • 鉄壁のディフェンスで完勝のカデット制覇

  • 男子14歳以下優勝:前出陸杜

  • 女子14歳以下優勝:白山亜美

  • 大逆転で昨年決勝のリベンジ

  • よりパワフルになった両ハンドでラリー戦を制した

  • 優勝ならずも、地元仙台で健闘を見せた小学4年の張本美和