卓球王国3月号 1/21発売 !!
Tリーグ応援サイト 開設 !!
サイト内検索
スマホ版に
戻る

トピックス

トップニューストピックス
 「愛ちゃん」の愛称で親しまれた福原愛(ANA)が、10月23日に都内で会見を行った。
 公式ブログで「選手としての立場を、ここで一区切りつけることを決意しました」と伝えていた福原だったが、「想像していたよりも反響を多くいただき、自分の言葉で感謝の気持ちをお伝えしたい」ということで、急遽会見を行うことになった。

 以下は会見での福原の言葉。

 「リオ五輪から2年が経ち、その間に結婚や出産を経験し、日々育児に励みながらも、競技のことが頭から離れることはありませんでした。
 3歳9カ月で卓球を始め、それから26年間、多くのことを学ばせていただきました。とてもおこがましく身勝手かもしれませんが、これまでの私は、これからも卓球界を引っ張っていくため、子育てをしながら競技を続ける必要があると思っていました。
 ですが、皆様ご存知の通り、この2年間で若い選手達が成長を遂げ、日本の卓球界の盛り上がりを見て、私がいなくても大丈夫だと思いました。私が選手としてできることはやり切った、という思いが強くなり、選手としての立場でやるべき使命は果たせたかなと感じるようになりました。」

 今後は明日開幕戦を迎えるTリーグの理事としての仕事を行いながら、「私をここまで育ててくれた卓球、そしてスポーツ界に恩返しがしたい」と福原。
 「東京五輪はみんなが楽しみにしています。ぜひ、東京の舞台でいいプレーを見せてほしいです」と後輩たちにエールをおくった。
  • サプライズで花束を受け取る愛ちゃん